腰や足のしびれに警戒

Medical center

歩いている時に、腰や脚にしびれを感じる、歩き始めて数分後には歩くのが辛くなるなどの症状を感じたことがあるのならば、脊柱管狭窄症である可能性が考えられます。この症状の原因は背骨にあります。背骨は頭から腰まで24個の骨で構成されています。この骨を脊髄と呼びます。脊髄は私達の体のバランスを保つ上で非常に大事な部分であり、この脊髄の間に挟まっているのが椎間板という軟骨です。この軟骨があるおかげで衝撃を和らげることが可能となっています。日頃の姿勢も影響しますが、加齢とともに椎間板や靭帯などは変形を起こしやすくなります。変形が進むと、脊髄の中にある脊柱管と呼ばれる部分が狭くなり神経を圧迫することとなります。この症状を脊柱管狭窄症と呼びます。この症状になると、足や腰、お尻などで痛みやしびれが起こるので病状を発見するのは難しくありません。

脊柱管狭窄症にはタイプがあります。神経根型と呼ばれるタイプは、背骨から腰などにつながる部分に存在する神経の根源と呼ばっれる部分である神経根の部分が圧迫されるタイプです。症状として、圧迫されている側にのみ被害が発生します。馬尾型と呼ばれるタイプは、第一腰椎のあたりから、何本にも別れるタイプをいいます。症状としては、両足にしびれや痛みがでることが多いです。両方を併発する可能性もあります。この場合が一番重たい症状となります。脊柱管狭窄症になりやすい人として、首や腰に負担がかかりやすいスポーツをしている人やその動作を長時間強いられる人、腰や首を頻繁にひねる行動をしている人、前かがみや座り続けることが多いという方によく見られる症状です。首や腰に負担をかけ続けることは脊髄にも負担をかけるのでかかりやすくなります。その他にも、年配の方にも起こりやすいですし、女性よりも男性の方が割合が高いなどのデータもあります。冷たいものや甘いものの摂り過ぎも悪化の原因となるので、なるべくは控えるようにした方が安全です。